« 高坂正堯 『現代の国際政治』 (講談社学術文庫) | トップページ | 岡崎久彦 『戦略的思考とは何か』 (中公新書) »

高坂正堯 『国際政治』 (中公新書)

これも高校卒業間際の購入。一読し強い影響を受ける。

軍備と平和、土地改革の真の意味、帝国主義という政治現象の真因等、自分が漠然と持っていた固定観念が全く覆されるのを感じた。

60年代半ば現実主義の立場から書かれた国際政治入門書だが、現在に至るまで絶版にならず読み継がれ、今も教えられることが多い。

初学者でも楽に読める。

|

« 高坂正堯 『現代の国際政治』 (講談社学術文庫) | トップページ | 岡崎久彦 『戦略的思考とは何か』 (中公新書) »

国際関係・外交」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。