« 岡崎久彦 『繁栄と衰退と』 (文春文庫) | トップページ | カエサル 『内乱記』 (講談社学術文庫) »

カエサル 『ガリア戦記』 (講談社学術文庫)

高校世界史でもタイトルを必ず暗記させられる古典中の古典。だが古典といっても、これは初心者でも読もうと思えば読める。

なお塩野氏の『ローマ人の物語』の該当巻を先に読んでおいた方がいいかもしれない。

巻末に当時のガリアの部族分布図が載っているので、面倒臭がらず、必ず本文中の部族の位置関係を把握しながら、着実に読み進むこと。

一つ間違えば、指揮下の軍団もろとも全滅しかねない危険を克服して、ガリア征服を成し遂げたカエサルの冒険譚に手に汗握る。

本書によって、翻訳を通じてでも、カエサルの簡潔、正確、端正な文体を十分感じ取ることができる。

|

« 岡崎久彦 『繁栄と衰退と』 (文春文庫) | トップページ | カエサル 『内乱記』 (講談社学術文庫) »

ローマ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。