« 塩野七生 『ローマ人の物語』 (新潮社) | トップページ | 宮崎市定 『隋の煬帝』 (中公文庫) »

モンタネッリ 『ローマの歴史』 (中公文庫)

『ローマ人の物語』はあまりに長大だという時はこれ。

皮肉とユーモア満載の文体で、一冊でローマ史が通覧できる。

中にはマユツバものの話もあるが、教科書で単なる名前として載っている人々が繰り広げる悲喜劇を楽しみながらローマ史の概略が頭に入るんだから貴重な本。

共和政時代は手厚く帝政時代はやや簡略。塩野ローマ史は逆だからちょうどいいかも。

|

« 塩野七生 『ローマ人の物語』 (新潮社) | トップページ | 宮崎市定 『隋の煬帝』 (中公文庫) »

ローマ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。