« ジョージ・ケナン 『レーニン・スターリンと西方世界』 (未来社) | トップページ | ゴーロ・マン 『近代ドイツ史 1・2』 (みすず書房) »

宮崎市定 『科挙』 (中公文庫)

制度史というと面倒だなあと思ってしまうが、これだけメジャーな制度について宮崎御大が書かれたものなら例外。

中国において極めて重要な役割を果たした試験制度について、面白いエピソードを交えながら、概略をわかりやすく説明してくれている。

素人は大体ここに書かれてることくらいわかってれば十分じゃないでしょうか。

|

« ジョージ・ケナン 『レーニン・スターリンと西方世界』 (未来社) | トップページ | ゴーロ・マン 『近代ドイツ史 1・2』 (みすず書房) »

中国」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。