« 村川堅太郎編 『世界の名著 ヘロドトス・トゥキュディデス』 (中央公論社) | トップページ | 塩野七生 『ローマ人の物語』 (新潮社) »

貝塚茂樹編 『世界の名著 司馬遷』 (中央公論社)

これも抄訳。

「史記列伝」も岩波文庫で全5巻の訳が出てるが、巻によって同内容の繰り返しや砂を噛むような地名・人名・官名の羅列など冗長に思える部分があり、通読はきついかも。

それでこれの出番となる。

一冊で誰もが知ってる古典的名著のキモは掴める。

しかし『ヘロドトス~』にも言えることだが、全訳はしんどいが、抄訳だと物足りない気がする。

本書でも省略された人物に興味が湧くことが多い。

やはりいつ通読するかわからなくても、全訳本は手元に置いた方がいいかも。

|

« 村川堅太郎編 『世界の名著 ヘロドトス・トゥキュディデス』 (中央公論社) | トップページ | 塩野七生 『ローマ人の物語』 (新潮社) »

中国」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。