« 森谷公俊 『王妃オリュンピアス』 (ちくま新書) | トップページ | ポール・ケネディ 『大国の興亡 上・下』 (草思社) »

南川高志 『ローマ五賢帝』 (講談社現代新書)

「養子相続制によって賢帝が続いたローマ帝国全盛期」というイメージのある時代の統治の実状に迫った本。

著者自身の研究や標準的学説を十分に咀嚼し、一般読者向けにわかりやすく書いてくれているところが大変宜しい。

皇帝やその周辺の有力者の経歴を碑文などを手がかりに細かく解読していく方法で、まるで謎解きのように、当時の政治情勢を描き出す叙述はお見事。

世界史関係の新書版は結構な数があるが、本書のように面白くて本当に読むに値する本はかなり少ない。

|

« 森谷公俊 『王妃オリュンピアス』 (ちくま新書) | トップページ | ポール・ケネディ 『大国の興亡 上・下』 (草思社) »

ローマ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。