« ホセ・オルテガ 『大衆の反逆』 (白水社) | トップページ | アレクシス・トクヴィル 『フランス二月革命の日々 トクヴィル回想録』 (岩波文庫) »

高島俊男 『三国志 きらめく群像』 (ちくま文庫)

三国志の主要人物列伝。この辺は漫画や小説ですでに詳しい知識を持ってる人が多いだろうが、これは小説である「三国志演義」はもちろん、正史としての陳寿著「三国志」の叙述も疑って史実に迫り、一種の「偶像破壊」を試みた本。

後漢末・三国時代の中心があくまで曹操と魏王朝であり、呉・蜀とは圧倒的な力の差があったことを繰り返し述べている。

著者の高島氏は一般読者向けの読ませ方を心得てる。文章も面白く、読みやすい。

どこから読んでもいい体裁になっているので、暇なときパラパラ眺めるだけでも良い。

|

« ホセ・オルテガ 『大衆の反逆』 (白水社) | トップページ | アレクシス・トクヴィル 『フランス二月革命の日々 トクヴィル回想録』 (岩波文庫) »

中国」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。