« セバスチァン・ハフナー 『図説プロイセンの歴史』 (東洋書林) | トップページ | マーティン・メイリア 『ソヴィエトの悲劇 上・下』 (草思社) »

中嶋嶺雄 『北京烈烈』 (講談社学術文庫)

文化大革命中に書かれた論文集をそのまま収録した作品。

多くの中国研究者が醜態を晒しまくっていた当時、冷静な観察眼を維持したことは高く評価されている。

初心者にはやや詳しすぎるかもしれないが、極めて良質の現代中国政治史であることは間違いないので、挑戦してみる価値はあり。

|

« セバスチァン・ハフナー 『図説プロイセンの歴史』 (東洋書林) | トップページ | マーティン・メイリア 『ソヴィエトの悲劇 上・下』 (草思社) »

中国」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。