« 杉森久英 『人われを漢奸と呼ぶ』 (文芸春秋) | トップページ | 坂井栄八郎 『ドイツ史10講』 (岩波新書) »

阿刀田高 『獅子王アレクサンドロス』 (講談社文庫)

アレクサンドロス大王を主人公にした歴史小説。

史実からさほど離れず、全生涯を描いているので通読すれば非常に参考になる。

相当分厚いが、読みやすく、挫折する恐れはそれほどない。

側近集団の描き方も印象的で、よく頭に残る。

これを読んでから、プルタルコス『英雄伝』の中の「アレクサンドロス伝」を読めば面白いかもしれない。

|

« 杉森久英 『人われを漢奸と呼ぶ』 (文芸春秋) | トップページ | 坂井栄八郎 『ドイツ史10講』 (岩波新書) »

ギリシア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。