« 岩田靖夫 『ヨーロッパ思想入門』 (岩波ジュニア新書) | トップページ | セバスチァン・ハフナー 『図説プロイセンの歴史』 (東洋書林) »

遅塚忠躬 『フランス革命 歴史における劇薬』 (岩波ジュニア新書)

これも呉智英氏絶賛の書。「岩波新書から名著が出なくなって久しいが、これはジュニア新書から出た稀に見る良書」と。

フランス革命がもたらしたもののうち、生存権の概念などプラス面と恐怖政治などのマイナス面の両者を公平に述べた本。

細かな史実には深入りせず、あくまで歴史的評価に観点を絞っている。

薄くてちょっと物足りなく思えるが、良質な入門書と思われる。

|

« 岩田靖夫 『ヨーロッパ思想入門』 (岩波ジュニア新書) | トップページ | セバスチァン・ハフナー 『図説プロイセンの歴史』 (東洋書林) »

フランス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。