« 岡崎久彦 『幣原喜重郎とその時代』 (PHP文庫) | トップページ | 岡崎久彦 『吉田茂とその時代』 (PHP文庫) »

岡崎久彦 『重光・東郷とその時代』 (PHP文庫)

終戦記念日前だし、このシリーズの紹介を続けましょう。

満州事変以後敗戦までの概説。

前半三分の二あたりまで、破局に突き進む日本の針路を何とか変えようと苦闘する人々を描写し、非常に面白い。

あえて「歴史のif」を多用し、破局的な日米開戦を避けることはできなかったのか歴史的検証を行っている。

1941年の開戦後は救いようの無い敗北の過程であり、読んでいて辛い部分もある。

初心者向けの標準的通史としては相当優れていると思う。

今まで触れなかったが、このシリーズの各巻巻末に参考文献が載っており、そのうち興味の持てそうなものを読んでいくのもいいであろう。

|

« 岡崎久彦 『幣原喜重郎とその時代』 (PHP文庫) | トップページ | 岡崎久彦 『吉田茂とその時代』 (PHP文庫) »

近代日本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。