« 産経新聞取材班 『毛沢東秘録 上・中・下』 (扶桑社文庫) | トップページ | 近藤治 『インドの歴史 (新書東洋史6)』 (講談社現代新書) »

保阪正康 『蒋介石』 (文春新書)

毛沢東関係の著作は結構あるので、たまには蒋介石の標準的伝記を。

蒋と国民党に同情的でオーソドックスな伝記。

すごく面白いというわけでもないが、蒋介石関係の単著は少ないので貴重。

新書にしてはやや厚いが、ページの配分も適当で偏りがない。

「自虐」でも「自尊」でもない著者の史観について議論はあるだろうが、たとえ読者が同意できない場合でも本書からは学ぶべきところはあると思う。

|

« 産経新聞取材班 『毛沢東秘録 上・中・下』 (扶桑社文庫) | トップページ | 近藤治 『インドの歴史 (新書東洋史6)』 (講談社現代新書) »

中国」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。