« 岡崎久彦 『重光・東郷とその時代』 (PHP文庫) | トップページ | 高坂正堯 『世界史の中から考える』 (新潮社) »

岡崎久彦 『吉田茂とその時代』 (PHP文庫)

シリーズ最終巻。敗戦からサンフランシスコ講和条約まで。

占領下の時代であり、日本人としてあまり愉快な話ではない。

戦争裁判の記述を通じて、今までの近代日本の歴史的評価のおさらいを行っている。

占領行政と押し付けられた改革に対して、著者は相当批判的であり、よく言われる「親米的偏向」は本書については感じられない。

一部問題はあるとしても、このシリーズは初心者向け近代日本史入門書として相当優れていると思われるので、一読をお勧めします。

|

« 岡崎久彦 『重光・東郷とその時代』 (PHP文庫) | トップページ | 高坂正堯 『世界史の中から考える』 (新潮社) »

近代日本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。