« ヨハン・ホイジンガ 『朝の影のなかに』 (中公文庫) | トップページ | 岡崎久彦 『小村寿太郎とその時代』 (PHP文庫) »

衛藤瀋吉 『眠れる獅子 (大世界史20)』 (文芸春秋)

中国を中心としたヨーロッパ進出後のアジア史。著者は戦後非マルクス主義的、現実主義的な立場で名を知られた中国研究者。

物語風の叙述で読みやすい。歴史的事象の評価も穏当でバランスが取れている。

例えば太平天国や義和団について民族抵抗の面と破壊野蛮の面の両方を認めている。

変な偏りが無く、安心して読める良い入門書。

|

« ヨハン・ホイジンガ 『朝の影のなかに』 (中公文庫) | トップページ | 岡崎久彦 『小村寿太郎とその時代』 (PHP文庫) »

アジア」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。