« 武田龍夫 『嵐の中の北欧』 (中公文庫) | トップページ | 李志綏 『毛沢東の私生活 上・下』 (文春文庫) »

犬養健 『揚子江は今も流れている』 (中公文庫)

日中戦争勃発後、和平運動に努力した汪兆銘・周仏海・陳公博・高宗武(文中では仮名・唐紹武)らとの交流を描いた本。

以前紹介した『人我を漢奸と呼ぶ』はかなりの部分を本書に拠っているのがわかった。

会話文の多い迫力ある描写で全く退屈せず読み通すことができた。

自らの信念に従いあえて厳しく危険な道を選んだ汪兆銘派の人々に同情を禁じえない。

著者は犬養毅の息子で戦後法務大臣などを歴任。

ちなみに和平運動の日本側責任者として本書に頻繁に登場する影佐禎昭・元陸軍中将は谷垣禎一財務大臣の母方の祖父にあたるそうな。

|

« 武田龍夫 『嵐の中の北欧』 (中公文庫) | トップページ | 李志綏 『毛沢東の私生活 上・下』 (文春文庫) »

中国」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。