« 犬養健 『揚子江は今も流れている』 (中公文庫) | トップページ | ギルバート・チェスタトン 『正統とは何か』 (春秋社) »

李志綏 『毛沢東の私生活 上・下』 (文春文庫)

10年あまり前に出版されかなり話題になった本の文庫版。毛沢東の主治医による回顧録。

毛の個人生活の描写と当時の政治情勢の解説が絶妙に組み合わさっていて、非常に面白い物語に仕上がっている。

訳者あとがきによると背景説明の部分はやはり編者の手が入っているそうだ。

だがそのおかげで非常にわかりやすくなっているのでマイナスとは思えない。

中国現代史の参考文献として是非読むべき本ではないだろうか。

|

« 犬養健 『揚子江は今も流れている』 (中公文庫) | トップページ | ギルバート・チェスタトン 『正統とは何か』 (春秋社) »

中国」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。