« ディック・ウィルソン 『周恩来 不倒翁波瀾の生涯』 (時事通信社) | トップページ | 高坂正堯 『外交感覚』 (中央公論社) »

司馬遼太郎 『殉死』 (文春文庫)

今日は『坂の上の雲』の付録のような小品を。乃木希典の生涯を描いた、ごく短い作品。

本書の乃木像には発表当時から福田恒存氏はじめ相当な批判があったようだし、自分もその通り受け取っているわけでもない。

しかしそれでもある特異な人物の生き方を活写しており、どうしても一種の感動を抑えることができない。

こういう感情を起こさせる人は、やはりある種の「偉大さ」があったのではないだろうか。

|

« ディック・ウィルソン 『周恩来 不倒翁波瀾の生涯』 (時事通信社) | トップページ | 高坂正堯 『外交感覚』 (中央公論社) »

近代日本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。