« 金素雲 『三韓昔がたり』 (講談社学術文庫) | トップページ | 間野英二 『中央アジアの歴史 (新書東洋史8)』 (講談社現代新書) »

金素雲 『朝鮮史譚』 (講談社学術文庫)

『三韓昔がたり』の続編で、高麗・李朝の歴史。

前著よりやや対象読者年齢が上がり、一般の歴史書に近くなっている。

といってもあくまで読みやすい史話・挿話集であることに変わりない。

こういう体裁とレベルで、できるだけ詳しく通史を物語ってくれると嬉しいのだが、長大なものになるし、それは望みすぎか。

朝鮮史入門書というと、無味乾燥だったり、読むに耐えないイデオロギー的なものが多いが(例としては講談社現代新書の「新書東洋史」に収録されていたもの。疑いも無くあらゆる意味で「最悪」と断言させてもらう)、本書はかなり良質だと思う。

|

« 金素雲 『三韓昔がたり』 (講談社学術文庫) | トップページ | 間野英二 『中央アジアの歴史 (新書東洋史8)』 (講談社現代新書) »

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。