« 福田和也 『地ひらく 上・下』 (文春文庫) | トップページ | 牟田口義郎 『物語中東の歴史』 (中公新書) »

宮城谷昌光 『長城のかげ』 (文春文庫)

著者は古代中国を舞台にした歴史小説を多数書いているが、正直あまり読書欲をそそられなかった。

本書は比較的時代が下がって、項羽と劉邦の時代を描いたもの。

この時代が個人的に好きなこともあって読んでみたが、そこそこ面白い。

著作が多いので、図書館や書店で他のものもざっと眺めてみてもいいかもしれない。

|

« 福田和也 『地ひらく 上・下』 (文春文庫) | トップページ | 牟田口義郎 『物語中東の歴史』 (中公新書) »

中国」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。