« 山口昌男 『黒い大陸の栄光と悲惨 (世界の歴史6)』 (講談社) | トップページ | 福田恒存 『日本を思ふ』 (文春文庫) »

林健太郎 『昭和史と私』 (文春文庫)

著名な西洋史学者の自伝として興味深いだけでなく、同時代の日本と世界の歴史の描写が実に的確で面白い。

著者の昭和史上の日本の戦争に対する評価は、東京裁判の権威は否定するが、日本が軍の暴走という形で自らの力を自制できなかったことは問題であり、中国大陸での軍事行動の侵略性は否定できないというもの。

別にこの見方に納得できなければそれでもよいが、数年前林氏が亡くなった際、雑誌『正論』で「林氏は結局東京裁判史観を克服できなかった人だ」といった非難めいた投稿が載ったのは少し残念であった。

こういう「偏狭さ」はやはりちょっと問題ではないかと個人的には思う。

|

« 山口昌男 『黒い大陸の栄光と悲惨 (世界の歴史6)』 (講談社) | トップページ | 福田恒存 『日本を思ふ』 (文春文庫) »

近代日本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。