« レオポルト・ランケ 『世界史概観』 (岩波文庫) | トップページ | タキトゥス 『ゲルマニア アグリコラ』 (ちくま学芸文庫) »

吉川英治 『三国志 全8巻』 (講談社文庫)

横山光輝の漫画とか、最近では北方謙三の著作などがあるが、日本の三国志といえばやはり基本はこれでしょう。

しかし外国の歴史のある一時代についてこれだけ詳しい知識を相当数の人間が持っているというのも考えれば不思議な話だ。

文章に独特のリズムがあり、非常に読みやすい。

横山三国志を読んでいないという人は先に漫画で大筋を頭に入れておこうなどと考えず、むしろこちらを通読することを勧める。

横山三国志は本書をほぼ忠実になぞっているので、漫画を先に読むと大幅に興趣が削がれます。

しかし三国時代だけは中国史でも別格というくらい各種文献が豊富ですね。

なんかもう世界史とは別ジャンルといった感じ。

|

« レオポルト・ランケ 『世界史概観』 (岩波文庫) | トップページ | タキトゥス 『ゲルマニア アグリコラ』 (ちくま学芸文庫) »

中国」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。