« 村川堅太郎 責任編集 『世界の歴史 2 ギリシアとローマ』 (中公文庫) | トップページ | ラス・カサス 『インディアスの破壊についての簡潔な報告』 (岩波文庫) »

司馬遼太郎 『明治という国家 上・下』 (NHKブックス)

著者の膨大な、幕末・明治を舞台にした歴史小説からエッセンスを抜き出して語りなおした本。

ごく薄い本で、著者の史観を知ることができる。

平易な記述で、印象的なエピソードと人物像を積み重ねて、歴史の本質的な要素と理念を理解させてくれる。

いわゆる「司馬史観」については、いろいろ批判も有るし、自分も鵜呑みにしているわけでもないが、ある種の叩き台として多くの国民に共有される価値はあると思われる。

|

« 村川堅太郎 責任編集 『世界の歴史 2 ギリシアとローマ』 (中公文庫) | トップページ | ラス・カサス 『インディアスの破壊についての簡潔な報告』 (岩波文庫) »

近代日本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。