« シェイクスピア 『アントニーとクレオパトラ』 (新潮文庫) | トップページ | ジャン・ラクーチュール 『ドゴール』 (河出書房新社) »

塚本善隆 責任編集 『世界の歴史 4 唐とインド』 (中公文庫)

順調に4巻目に来たこのシリーズだが、この巻ではじめてつまづく。

歴史専門家ではなく、仏教研究家が書いたためか、やや難渋で読みにくい部分がある。

少々面白みに欠け、ひょっとしたらこの巻で挫折してしまうのかとも思ったが、何とか通読。

後でパラパラ読み返すと、面白そうな記述も多く、初読の際よりは良い印象を持ったが、やはり今までの3巻に比べるとやや落ちるか。

まあそんなに酷くはないので、とばさず読破しましょう。

|

« シェイクスピア 『アントニーとクレオパトラ』 (新潮文庫) | トップページ | ジャン・ラクーチュール 『ドゴール』 (河出書房新社) »

インド」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

全集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。