« ジョージ・ケナン 『二十世紀を生きて』 (同文書院インターナショナル) | トップページ | 高坂正堯 『海洋国家日本の構想』 (中央公論社) »

『林健太郎著作集 第三巻 ドイツの歴史と文化』 (山川出版社)

第一巻は抽象的議論の多い史学概論、第二巻は近代ドイツ史上の細かな問題に関する学術論文集、第四巻の収録作は『ワイマル共和国』と『両大戦間の世界』で両方ともすでに持っている、ということでこの第三巻だけ読みました。

ドイツ史のごく簡略な概説から、普墺・普仏戦争の戦史、『ドイツ市民精神』と題されたフランス革命後の政治思想史、20世紀の偉大な歴史家マイネッケの生涯と作品の紹介、あとは軽めの歴史読物がいくつかあり。

気軽に読めるものがほとんどで、どれも結構面白い。

もうちょっと値段が安ければいいんですけどね。

でも私としてはかなりお勧めです。

|

« ジョージ・ケナン 『二十世紀を生きて』 (同文書院インターナショナル) | トップページ | 高坂正堯 『海洋国家日本の構想』 (中央公論社) »

ドイツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。