« セバスティアン・ハフナー 『裏切られたドイツ革命 ヒトラー前夜』 (平凡社) | トップページ | ユン・チアン ジョン・ハリディ 『マオ 誰も知らなかった毛沢東 上・下』 (講談社) »

古川薫 『軍神』 (角川書店)

司馬遼太郎の『坂の上の雲』および『殉死』において、乃木希典は近代的軍事指揮官として完全に不適格な人物であり、多くの将兵を不必要な死に追いやった愚将として描写されている。

その人間性に対しては多少の同情と賛嘆が記されてはいるが、以上二作の完成度と人気の中で、「乃木愚将論」は多くの人々の間に広まっていった。

それに対して強く反論し乃木を弁護したのが福田恒存であり、なかなか面白い文章なのだが、今は全集本以外で読むことは難しい。

そこで気軽に読めるこの伝記小説を買ってみた。

本書も乃木に対して大いに同情的であり、司馬の乃木観に異議を唱えている。

旅順攻防戦で膨大な数の戦死者を出した原因が乃木の個人的指揮能力の問題だとは私も思わない。また乃木の人間性は、たとえ今の時代から見ても強く心を動かされるところがあるし、どうしてもある種の感動を禁じえない。

個人的には読んでよかったと思わせる小説であった。

あと同じく乃木への同情的立場に立つ書物に福田和也の『乃木希典』(文芸春秋)がある。

こちらは文庫化されたときに読もうかなと思っている。

|

« セバスティアン・ハフナー 『裏切られたドイツ革命 ヒトラー前夜』 (平凡社) | トップページ | ユン・チアン ジョン・ハリディ 『マオ 誰も知らなかった毛沢東 上・下』 (講談社) »

近代日本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。