« ジョン・ルカーチ 『ヒトラー対チャーチル 80日間の激闘』 (共同通信社) | トップページ | 井上幸治 責任編集 『世界の歴史 12 ブルジョワの世紀』 (中公文庫) »

塚本青史 『呂后』 (講談社文庫)

宮城谷昌光氏と同じく、この人も中国史を題材に採った歴史小説を多数書いてる人だが、どうも積極的に読む気がおきない。

本書は私の好きな前漢時代を扱ったものなので、読んでみたが何か俗っぽい描写が多くあまり感心しなかった。

劉邦死後の宮中内抗争のあらましを楽に頭に入れられるのはいいんですけどね。

司馬遼太郎の『項羽と劉邦』と比べるのはあまりに酷ですが、まあ正直雲泥の差があります。

塚本氏の文章が趣味に合う人なら、宮城谷氏と同じく著作が多いので読み応えがあるでしょう。

一度書店か図書館で手にとってお確かめください。

|

« ジョン・ルカーチ 『ヒトラー対チャーチル 80日間の激闘』 (共同通信社) | トップページ | 井上幸治 責任編集 『世界の歴史 12 ブルジョワの世紀』 (中公文庫) »

中国」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。