« エドワード・ギボン 『ローマ帝国衰亡史 8』 (ちくま学芸文庫) | トップページ | 森島守人 『真珠湾・リスボン・東京 続一外交官の回想』 (岩波新書) »

中嶋嶺雄 編 『中国現代史』 (有斐閣)

私が読んだのは1981年初版の旧版である。今は1996年刊の新版が出ているようだ。

アヘン戦争以後から改革開放政策確立までの中国史。

編者が中嶋嶺雄氏だし、しっかりした内容だろうと思い購入。

しかしどうも面白くない。

多数の執筆者が分担して各時代を書いているのだが、特筆すべき点が無い。

可も無く不可も無くといった文章が続き、最後の中嶋氏の中華人民共和国史に至る。

ここはさすがに手堅いが、中公新書の『中国 歴史・社会・国際関係』とは別にあえて読む必要があるかと言うと微妙。

私の感想が偏っているのかもしれないが、今まで再読の機会が無かったので何とも言えない。

|

« エドワード・ギボン 『ローマ帝国衰亡史 8』 (ちくま学芸文庫) | トップページ | 森島守人 『真珠湾・リスボン・東京 続一外交官の回想』 (岩波新書) »

中国」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。