« 中嶋嶺雄 編 『中国現代史』 (有斐閣) | トップページ | 外川継男 『ロシアとソ連邦』 (講談社学術文庫) »

森島守人 『真珠湾・リスボン・東京 続一外交官の回想』 (岩波新書)

『陰謀・暗殺・軍刀』の続編。これも1991年復刊されたとき購入。

しかし内容は・・・・・覚えていない。

著者は第二次大戦中はリスボンの日本大使館に駐在。スペインのフランコと並ぶ独裁者であるポルトガルのサラザールに著者が意外なほど好意的だったことだけが印象に残っている。

一度、図書館で借りてパラパラ眺めてみるかな。

|

« 中嶋嶺雄 編 『中国現代史』 (有斐閣) | トップページ | 外川継男 『ロシアとソ連邦』 (講談社学術文庫) »

近代日本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。