« A・J・P・テイラー 『ウォー・ロード 戦争の指導者たち』 (新評論) | トップページ | 茨木晃 『スペイン史概説』 (あけぼの印刷社) »

樺山紘一 『ルネサンスと地中海 (世界の歴史16)』 (中央公論社)

中公新版「世界の歴史」の中の一巻。確かこの巻が初回配本だったと思う。

中公旧版を通読していたので、この新版シリーズが出ると聞いて挑戦してみるかと思ったのだが、結局読んだのは本書ともう一冊だけでした。

私のように根気の全く無い人間には無理です。

もちろん世界史全集をどれか一つ通読しようと決意された方にとっては非常に有益な選択肢だろうと思います。

これは最初に出たものとして、かなり気合を入れて読みましたが、あんまり面白くないですねえ。

こういう近世初頭のルネサンス史はどうしても文化史が中心になりますから、私の趣味性向からいうとかなり守備範囲外になってしまう。

ただ私みたいに偏った人間以外の読者が読めば良書のような気がします。

|

« A・J・P・テイラー 『ウォー・ロード 戦争の指導者たち』 (新評論) | トップページ | 茨木晃 『スペイン史概説』 (あけぼの印刷社) »

ヨーロッパ」カテゴリの記事

全集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。