« リデル・ハート 『第二次世界大戦 上・下』 (中央公論新社) | トップページ | ローマックス 『レコンキスタ』 (刀水書房) »

『石橋湛山評論集』 (岩波文庫)

大学時代これを読んだとき、戦後保守党に属し総理大臣にまでなった人で、これほど徹底した進歩的自由主義を貫いた人がいたのかと感動したのを覚えている。

だが、その後かなり経つと戦前の日本で本当に「小日本主義」という選択肢が現実にあったのかと懐疑的になったのも事実である。

興味深い本であることは間違いないと思いますので、機会があればどうぞ。

|

« リデル・ハート 『第二次世界大戦 上・下』 (中央公論新社) | トップページ | ローマックス 『レコンキスタ』 (刀水書房) »

近代日本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。