« 宮崎市定 『東洋的古代』 (中公文庫) | トップページ | ジェフリ・パーカー 『長篠合戦の世界史』 (同文舘出版) »

ニーチェ 『ツァラトゥストラはこう言った 上・下』 (岩波文庫)

タイトル見た瞬間もうお分かりでしょうが、毎日更新のノルマを果たすためだけの穴埋め記事です。ごめんなさい。

大学時代最後まで読みました。それは間違いない。

いや、読んだというより「眠気を堪えながら最後まで字面に目を通した」と言った方がいいかもしれない。

じゃあこの本とニーチェの思想について何か書いてみろと言われても、一行も書けない。

私程度の読者はこういうのを無理して読むより、以前紹介した西部邁『思想の英雄たち』ゴーロ・マン『近代ドイツ史』の該当箇所を読んでわかったつもりになっておけばいいんではないでしょうか。

特に後者の『近代ドイツ史』のニーチェを扱った章は素晴らしい。

難しい哲学的概念は全く使わずにニーチェの生涯と思想についてこれ以上ないと思われる程わかりやすく面白い文章で叙述してくれている。

この本が現在品切れなのは痛い。何とかしてください、みすず書房様。

と、またもや記事タイトルと直接関係無い本の話でお茶を濁して今日は終わりです。

|

« 宮崎市定 『東洋的古代』 (中公文庫) | トップページ | ジェフリ・パーカー 『長篠合戦の世界史』 (同文舘出版) »

思想・哲学」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。