« 福田恒存 『日本への遺言』 (文春文庫) | トップページ | マイネッケ 『ドイツの悲劇』 (中公文庫) »

ルソー 『社会契約論』 (岩波文庫)

読むことは読んだが、本当にただ字面を追っただけという感じ。

何か得たものがあったかと言われれば、首を傾げるほかない。

政治学や社会思想に興味がある人はともかく、私のようなただの素人世界史愛好家がこの種の古典を無理に読む必要があるかというと、相当疑問。

ということをわざわざ言うためだけの記事です。ごめんなさい。

|

« 福田恒存 『日本への遺言』 (文春文庫) | トップページ | マイネッケ 『ドイツの悲劇』 (中公文庫) »

思想・哲学」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。