« 来栖三郎 『泡沫の三十五年』 (中公文庫) | トップページ | 『宮崎市定全集 16 近代』 (岩波書店) »

堀敏一 『中国通史 問題史としてみる』 (講談社学術文庫)

恥ずかしながら、また途中で挫折した本です。

副題の通り、中国史の様々な論点についてこれまでの学説を簡単に紹介しながら大局的な視点を提示する本。

内容は濃いがそれほど長大でもなく、初心者でもついていける難易度。

良書だとは思うんですが、どうも個人的な趣味に合わず途中で放り出してしまいました。

通読すればかなり有益な本だとは思いますんで、機会があればどうぞ。

|

« 来栖三郎 『泡沫の三十五年』 (中公文庫) | トップページ | 『宮崎市定全集 16 近代』 (岩波書店) »

中国」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。