« ロック 『市民政府論』 (岩波文庫) | トップページ | ニーチェ 『ツァラトゥストラはこう言った 上・下』 (岩波文庫) »

宮崎市定 『東洋的古代』 (中公文庫)

本書の存在自体は知っていたが、宮崎氏の他の啓蒙書に比べて、やや難しそうだなと今まで敬遠していた。

確かに、真ん中あたりにある「史記貨殖伝物価考証」は全部理解しようとすると頭が痛くなってくるが、他にはさして難渋な部分は無い。

全般的にみてかなり良い。いやー、やはり御大の著作に食わず嫌いは許されませんね。

岩波から御大の個人全集が出たとき思い切って揃えようかと真剣に悩みましたが、一般向け著作はほとんど文庫化されているので思い止まりました。

あと全集の中で初心者でも読みやすい部分として、北宋と南宋の政治史概説と近代の巻にあるいくつかの論文(中公文庫『中国のめざめ』として出されたもの以外)があるはずなので、何とか文庫化してもらいたいもんです。

|

« ロック 『市民政府論』 (岩波文庫) | トップページ | ニーチェ 『ツァラトゥストラはこう言った 上・下』 (岩波文庫) »

中国」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。