« ゴロウニン 『ロシア士官の見た徳川日本 続・日本俘虜実記』 (講談社学術文庫) | トップページ | 三田村泰助 『宦官』 (中公文庫) »

ルソー 『人間不平等起源論』 (岩波文庫)

また来ました、そもそも私が紹介する資格のない本です。

何卒ご容赦を。

本書についても覚えていることと言えば、文明社会の弊害の原因を私有財産制に求めるようなルソーの記述に、ヴォルテールが激昂して「これこそ貧者の暴力による富者の収奪を正当化するならず者の哲学だ」と書き付けたとか、ルソーへの手紙に「あなたの本を読むと、人は四本足で歩きたくなります」と記したとか、そんなことだけ。

もう十数年前に読んだきりですが、再読しようとは思いませんねえ。

あとルソーの本では岩波文庫『エミール』の上巻だけ読みましたが、何だかよくわからないまま適当に目を通しただけでした。

もっと平易な入門書として桑原武夫『ルソー』(岩波新書)はまあ読んでおいてもよかったと思いますが、それも強くお勧めはしません。

|

« ゴロウニン 『ロシア士官の見た徳川日本 続・日本俘虜実記』 (講談社学術文庫) | トップページ | 三田村泰助 『宦官』 (中公文庫) »

思想・哲学」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。