« ジョージ・ケナン 『危険な雲』 (朝日イブニングニュース社) | トップページ | 関連文献:高坂正堯 »

平川祐弘 『西欧の衝撃と日本』 (講談社学術文庫)

比較文化史の本で、本来私の守備範囲外でわからない本のはずだが、この人の文章は読んでいて気持ちがいい。

人にも依るでしょうが、個人的には非常に趣味に合う文体で好きです。

近代日本と西欧の接触に関する様々なテーマを豊富な事例を挙げながら叙述している。

飛ばし読みするだけでも結構面白いので、一度図書館で借りてみてください。

|

« ジョージ・ケナン 『危険な雲』 (朝日イブニングニュース社) | トップページ | 関連文献:高坂正堯 »

近代日本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。