« ポール・ジョンソン 『アメリカ人の歴史 1』 (共同通信社) | トップページ | 吉川忠夫 『侯景の乱始末記』 (中公新書) »

福田和也 『乃木希典』 (文芸春秋)

最近文庫版も出ました。

短いのであっという間に読めます。

司馬遼太郎『殉死』とはまた異なった視点からの乃木の評伝。

私はどちらかというと、こちらの乃木観の方に共感を覚える。

なお著者が月刊文芸春秋で連載中の『昭和天皇』の単行本化が楽しみです。

|

« ポール・ジョンソン 『アメリカ人の歴史 1』 (共同通信社) | トップページ | 吉川忠夫 『侯景の乱始末記』 (中公新書) »

近代日本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。