« 吉川忠夫 『侯景の乱始末記』 (中公新書) | トップページ | 加藤徹 『西太后』 (中公新書) »

柿崎一郎 『物語タイの歴史』 (中公新書)

ごく最近出た本。

このシリーズでこの国だと買わずにおれない。

オーソドックスな作りでなかなか良い。

バンコク朝以前があっさりし過ぎているかもしれないが、一番最初に読むタイ史の本としてはこのくらいでいいのかもしれない。

立憲革命以後の政治の流れを叙述した文章は結構詳しい上に、それでいて読みやすく非常に貴重。

手堅い仕上がりで、このシリーズでもかなり出来のいい方だと思う。

お勧めします。

あとどこかの出版社が、英文の通史として定評があるらしいワイアット著のタイ史を翻訳して出してくれないかと思います。

|

« 吉川忠夫 『侯景の乱始末記』 (中公新書) | トップページ | 加藤徹 『西太后』 (中公新書) »

東南アジア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。