« 五十嵐修 『地上の夢キリスト教帝国 カール大帝の〈ヨーロッパ〉』 (講談社選書メチエ) | トップページ | 佐藤次高 『イスラームの「英雄」 サラディン』 (講談社選書メチエ) »

司馬遼太郎 『最後の将軍』 (文春文庫)

以前も書きましたが、私はこの国民作家の膨大な著作のうち、世界史関係のものしか興味が無いし読んでもいないという非常に変な読者です。

その例外として読んだのが本書ですが、特にこれがあるから読んだという所は別に無い。

あくまでたまたま通読しましたというだけ。

楽に読めたし、まあまあ面白い。

本書自体についてはその他別に言うことはないんですが、『バカのための読書術』で、司馬遼太郎の本で歴史を勉強するのを嘲笑にする態度に同意せず、素人がごく初歩的な段階で歴史の概略を学ぶ際の効用は無視できないとしていたが、万年初心者の私も同感です。

読みやすくていつでもどこでも手に入る作家の本ですから、日本史の再勉強をしたい場合、暇を見つけてどんどん読んでいけばいいんではないでしょうか。

|

« 五十嵐修 『地上の夢キリスト教帝国 カール大帝の〈ヨーロッパ〉』 (講談社選書メチエ) | トップページ | 佐藤次高 『イスラームの「英雄」 サラディン』 (講談社選書メチエ) »

近代日本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。