« ショーペンハウエル 『読書について』 (岩波文庫) | トップページ | 安倍源基 『昭和動乱の真相』 (中公文庫) »

高島俊男 『しくじった皇帝たち』 (ちくま文庫)

隋の煬帝と明の建文帝のごく短い評伝からなる本。

後者は幸田露伴の『運命』という作品についての論評という形式。

『中国の大盗賊』『三国志きらめく群像』を読んで思ったことだが、この人の文章は本当に面白いし、話の運び方が上手い。

素人が読む歴史読物としては最高レベルじゃないでしょうか。

率直に言って本書は、上の2冊が素晴らしいのに比べると分量が少なく物足りないこともあって、やや落ちるかなといった感じですが、決して悪い本ではないです。

楽に読めますので、気軽にお手にとってください。

著者は中国文学が専攻の方ですが、こういう歴史モノも多く出して欲しいと切に願います。

|

« ショーペンハウエル 『読書について』 (岩波文庫) | トップページ | 安倍源基 『昭和動乱の真相』 (中公文庫) »

中国」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。