« 後藤明 『ビジュアル版イスラーム歴史物語』 (講談社) | トップページ | 荒正人 『ヴァイキング 世界史を変えた海の戦士』 (中公新書) »

訃報

国際政治学者・朝鮮半島研究者の神谷不二氏がお亡くなりになられたそうです。

北の南侵説を冷静な筆致で主張された『朝鮮戦争』は中公新書・文庫のロングセラーで、国際政治学の基礎文献でもありました。

『朝鮮半島で起きたこと起きること』は非常に優れた論文集でありながら初心者でも読みやすく、大いに参考にさせて頂きました。

『戦後史の中の日米関係』もありきたりの概説ではなく、論点が明快でポイントを突いた記述が非常に役立ちます。

晩年に書かれた北朝鮮に関する論説は、体制転換を含む強硬論一辺倒という感じで、僭越ながら必ずしも得心のいくものではなかったのですが、流暢な文体と骨太のぶれない主張に対して敬意を感じておりました。

ご冥福をお祈りいたします。

高坂正堯先生はじめ、自分が熟読した本の著者の方がお亡くなりになっていくというのは、やはり悲しいものがありますなあ・・・・・・。

|

« 後藤明 『ビジュアル版イスラーム歴史物語』 (講談社) | トップページ | 荒正人 『ヴァイキング 世界史を変えた海の戦士』 (中公新書) »

おしらせ・雑記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。