« 梅田修 『世界人名ものがたり 名前でみるヨーロッパ文化』 (講談社現代新書) | トップページ | 引用文(遅塚忠躬1) »

引用文(中江兆民1)

『中江兆民評論集』(岩波文庫)、「君民共治の説」より。

政体の名称数種あり。曰く立憲、曰く専制、曰く立君、曰く共和なり。その事実についてこれを校するときは、立憲にして専制なるあり、共和にして立君なるあり。共和いまだ必ずしも民政ならずして立君もまたいまだ必ずしも民政ならずんばあらず。

今や海内の士皆政治の学に熱心し政体の是非得失を講ぜざる者なし。しかるに東洋の風習常に耳を憑(たの)みてかつて脳を役せず、形態を模擬してかつて精神を問はず。

是(ここ)において耳食の徒往々名に眩して実を究めず、共和の字面に恍惚意を鋭して必ず昔年仏国のなせし所をなして、以て本邦の政体を改正するあらんと欲する者またその人なしとなさず。

その迷謬固(もと)より不学寡聞の致す所にしていまだ深く咎むるに足らずといへども、今にしてその惑を弁ぜずんばただに莠苗淆乱(ゆうびょうこうらん)大に我儕自由の暢路を妨碍するのみならず、また恐くは蠹毒(とどく)侵蝕暗に国家元気の幾分を戕賊(しょうぞく)するあらん。しからば則ちこの惑を弁ずることまた方今のまさに務むべきの急たり。故に一日の紙上を費しいささかこれを弁説せんとす。

共和政治の字面たるや羅甸(ラテン)語の「レスピユブリカー」を訳せるなり。「レス」は物なり、「ピユブリカ」は公衆なり。故に「レスピユブリカー」は即ち公衆の物なり、公有物の義なり。

この公有の義を推してこれを政体の上に及ぼし共和共治の名となせるなり。その本義かくの如し。故にいやしくも政権を以って全国人民の公有物となし一二有司に私せざるときは皆「レスピユブリカー」なり。皆な共和政治なり。君主の有無はその問はざる所なり。

しかれば則ち今において共和政治を立てんと欲せばその名についてこれを求めんか、将(は)たその実を取らんか、その名についてこれを求むるときは古昔ウエニース国の如きもまた称して共和といへり。しかれどもその実は決して人民をしてその政治に干預せしめたる者にあらずして、衆貴族相合議してこれを行ふに過ぎず、これ豈に真の共和政治ならんや。

独りこれのみならず即ち見今仏国の共和政治の如きもこれを英国立君政体に比するときは、共和の実果していづれにありとなさんか。これに由りてこれを観れば共和政治固よりいまだその名に眩惑すべからざるなり。固よりいまだ外面の形態に拘泥すべからざるなり。

・・・・・・・

けだし見今共和政治の名称に惑ふ者その党分ちて二となす。曰く共和政治を忌悪する者なり、曰く共和政治を景慕する者なり。

これを慕う者の説に曰く、共和を以て政治をなすときは復た君と民を別つべからずと。その意けだし必ず米国もしくは仏国の政体の如くにして後已まんと欲す。

これを忌む者の説に曰く、もし共和を以て政治をなすときはまさに我君をいづれの地に置かんとするやと。その意けだし我邦の必ず米国もしくは仏国の如く絶えて君を置くことなきに至ることを懼るるなり。

これ皆皮相の見のみ、形態に拘るの説のみ。たとひ前説の人をして眩惑して回らず終にそのなす所をなさしめばその禍固より測るべからず。後説の人をしてその志を得さしめば、則ち圧制束縛の政益々力を逞(たくまし)くしてその害もまた必ず言ふに勝(た)ゆべからざるに至らん。

ああ毫釐(ごうり)の差にして千里の謬を致す、寒心せざるべけんや。仲尼曰く、必ず名を正さんかと。名の正しからざる一日数千万の善男子をして長く五里霧中に彷徨して出る処を知らざらしむるに至らん。これ乃ち吾儕の「レスピユブリカ」の実を主としてその名を問はず共和政治を改めて君民共治と称する所以なり。

君民共治の方今に行はるる者は嚮(さ)きのいはゆる英国もこれなり。ああ人民たる者能く政権を共有すること一に英国の如くなることを得ば、これもまた以て憾なきにあらずや。誠にかくの如くなる日は前説の人恨を留むる所なくして後説の人もまた憂を懐く所なきを得ん。

|

« 梅田修 『世界人名ものがたり 名前でみるヨーロッパ文化』 (講談社現代新書) | トップページ | 引用文(遅塚忠躬1) »

引用文」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。